Fujiwara/ 12月 23, 2022/ NEWS

食と生活部門 袁准教授(農学部)は、株式会社スーリヤ様と共同で生鮮品の鮮度保持装置「INAZUMA」の技術開発を
進めています。装置内システムの電場解析については、食と生活部門 髙木教授(理工学部)がサポートしています。
この度、この装置を使った共同実験において、 鮮度を保ちながら生マグロを1か月冷蔵保存することに成功しました。
このことについて各種メディアでとりあげていただきましたので、ぜひご覧ください。

【テレビ・ウェブ】

・FNNプライムオンライン(岩手めんこいテレビより出典 令和4年12月13日)
 “生鮮食品を長期保存” 岩手大学など実験 食品ロス削減や輸出拡大に
 https://www.fnn.jp/articles/-/458193

・ヤフーニュース(岩手めんこいテレビより出典 令和4年12月13日)
 https://news.yahoo.co.jp/articles/d571fcb1ff92bd2088ad0a1f673b9e22b559ec7f

・Microsoftニュース(岩手めんこいテレビより出典 令和4年12月13日)
 https://www.msn.com/ja-jp/money/other/生鮮食品を長期保存-岩手大学など実験-食品ロス削減や輸出拡大に-岩手県/ar-AA15dCzd

【新聞】

・岩手日報 マグロ鮮度保つ新技術 岩手大とスーリヤ(東京)共同実験
 令和4年12月14日(水)第26面

・盛岡タイムス 岩手大とスーリヤが共同開発 鮮度保持システム 「INAZUMA」
 令和4年12月16日(金)第6面

実際の新聞記事は下記の画像をクリックするとご覧いただけます(PDF)
(左から順に 岩手日報 、盛岡タイムス となります)